読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤博之事務所の業務備忘録

業務に関連した専門情報に特化しています。主に登記の書式、先例、通達等。

内容はあくまで個人的な備忘録ですので、内容・言葉(文字)の正誤等において不正確・不鮮明な場合があります。 参考にする場合は自己責任でお願いします。 (出典等についてチェックしないまま記載している場合あり)

成人した者同士の養子縁組届

(事例)

1)三波A郎さんと三波B子さんが夫婦

2)島田C助さんと島田D美さんが夫婦

  島田E夫さんがその夫婦の子

 (島田さん親子は同じ戸籍に入籍・戸籍筆頭者は島田C助)

3)島田D美さんは三波A郎さんと三波B子さんの娘

 

今回、当事者全員が成人している状況で、島田C助さんが、

三波A郎さんと三波B子さん夫婦の養子となる養子縁組(婿入り)

したいとのこと。

 

養子縁組届を提出する

・届出人…養親と養子

・届出先…養親もしくは養子の本籍地または届出人の住所地・所在地の

いずれかの市区町村

20歳以上の証人2人の署名が必要

 

養子縁組後の戸籍

1)島田C助さんにつき、養親である三波姓の新戸籍が編成される

  島田C助→三波C助(戸籍筆頭者)

2)さらに養子の配偶者である島田D美さんも夫に伴って新戸籍に入籍する

 (随従入籍という)

  姓も当然に島田D美→三波D美に変わる

3)養子の子である島田E夫さんは当然には入籍しない。

  島田C助の戸籍に残ることになる。

  なので姓が島田E夫→三波E夫に当然に変わるわけではない。

島田E夫さんを新戸籍の三波C助(戸籍筆頭者)戸籍に入籍させるには…

 別途、入籍届を提出する必要あり。